「外人に対する嫌悪感と、ゴキブリ」

このブログなんかいつも

私の愚痴みたい 笑

 

まあでも、いいか。

 

昨日はすごい体験をしました

これもこれも、大学で。

 

 

 

人権教育論という授業で。

 

 

授業の単位を取得するのに、

最終プロジェクトとして

人権に関するビデオを作らないといけないんですよ。

 

テーマは色々あって、

ジェンダーとか外国人差別とか部落差別とか

ありがちなテーマがずらっとあったわけで

 

私のブログ読んだことある人はお分かりの通り

外国人に対するステレオタイプがあまりお好きでない

 

 

しかも、自分が「外国人」なので

 

一番自分に近いテーマとして

外国人についてビデオ作りたいなと思って

 

同じく外国人をテーマにしたい学生とチームになって

ディスカッションを始めたわけですよ。

 

 

みんながもともと書いてきたプリントを元に

どういうことについてビデオにしたいのか

その根拠は?

 

とか

 

まあ、可愛らしいありがちなタスク

 

多分

 

共生・リスペクト・共存

 

みたいなキーワードを使って

丸く収めてみんなハッピー

 

って感じで終わると思うじゃないですか

 

それが、終わらないんですよ。

 

7人グループの中の一人が

 

「俺宗教とかまじわけわからんねん。」

っていったんですね。

 

まあ、強気な態度でそれを言い出したわけです

みんなスルーしたわけです

 

あ、そうやねんな、おけ

って感じで

 

 

ワークシートの続きに、

その根拠や理由を述べなさい。

 

ってあったので

 

なんとなく

 

「なんでなん」

って聞いてみると

 

ハラールとかあるやん。あれもわけわからんし、

例えば日本に住むなら、日本的にしないといけないと思う。

あれやな、郷に住むなら、郷に従えってやつやな」

 

「・・・」

みんなの顔がこわばりました。

 

 

その国にいるなら、その国の文化を尊重しな、あかん。

それはわかる。

 

ただ、郷に住むなら郷に従えっていうのは、

同化を強要して、

同化しないなら排除して

 

何か聞いてて胸騒ぎがするような

 

「そうやで。俺、外人嫌いやし。みたらムッとするし」

 

人間学系の社会学系の哲学系の人権教育論を受けている生徒から出る言葉

 

 

授業中に、

散々、

 

在日コリアンの、

外国人ルーツを持つ人の、

宗教や文化の多様な人々の

人権を散々考えてきて、

 

結局それかい。

 

 

グループの人々の目ん玉は飛び出ました。いや、ガチで。

 

どれだけグループの人が、

それはおかしいんじゃない?

 

先生も、

それはおかしいんじゃない?

って言っても

 

自分を曲げず(?!)

 

「これは俺の感情やし、個人的な意見やし、

 

             別に良くない?」

 

「嫌いなもんは嫌いやし、差別的かも知らんけど、俺はこういう考え方やねん」

 

「あ、わかった。みんなゴキブリ嫌いやん?でもゴキブリって別に害ないし、けど気持ち悪いし好きになれへんやんか。そんな感じやで」

 

ってうっすら微笑みながら

 

外国人に対する嫌悪は、

ゴキブリ嫌いなんと一緒やん、

でまとめた彼でした。

 

泣けばいいのか、笑えばいいのか。

 

 

 

日本に住んでる私はゴキブリですか。

 

 

 

っていうか、

外国人を目の前によく口から出てくるなあ

「外人が嫌い。外人はゴキブリ。」って

 

 

今まで日本に22年間住み続けて

レイシズムを体験したことはほとんどなかったけど、

 

ああ、こういう気持ちになるねんな、

レイシズムって

 

 

自分が否定されたような、

この国に、存在したらだめなような、

この人の前に現れたら、いけないような

 

何を言っても理解してくれなくて、

自分をかばってくれるのは、自分だけで

 

本当に初めて体験する感情で

 

こんな感じ方ができるのか!っていうくらい

めでたいのか、めでたくないのか。

 

 

 

正直、

この記事の結論どうしようかな〜って考えても

あまりまとめられる気がしないけれど、

 

思ったのは、

 

差別感情って

誰もが持つ感情で、(大きいものから小さいものまで)

それはごくごく日常的であるということ。

 

〜人は好き、でも、

〜人は嫌い。

 

〜教はちょっと怖い。

 

あの人は嫌い、とか。

 

 

 

そんな感情はちらほらみんな持ってるんですよ。

差別感情は、

感情なので、

 

 

抑圧なんてできないし、

感じるものはしょうがない。

 

そういう意味では、

授業中に「個人的な感情」って言ったあの少年は正しいと思います。

 

ただ、いくら嫌いでも、

 

自分が正しくて、

自分が優っていて、

他人をリスペクトせずに、

他人の気持ちを考えずに、

 

なんでもかんでも自分の思ったことを口に出すことは、

よくない。

 

ただの傲慢なエスノセントリズムの現れ。

 

やばいこと言ってしまったら、

頑固になって主張するのではなく、

もうさっさと謝って口を閉じる。

 

 

 

感じることは、別にコントロールすることはできないし、

しなくてもいいけれど、

 

他人を理解しようとする努力くらいは、

するべきなんだと思う。

 

せめて、感情を出さずにポーカーフェイス。それくらい、できるやろ?

 

 

前も書いたかもしれないけれど、もう一度、

 

外国人・〜人

として認識する前に、

一人の「人間」として認識してあげる。

 

自分がされて嫌なことは、他人にしない。

 

基本ですよ。

 

 

 

余談:

 

人権教育論であんな発言した彼は、きっと単位落とすでしょう

(うふ)