中身と外見の話

私のボキャブラリーの中に「定期的」という言葉はないようです。

 

どうも、こんにちは。

ようやく大学4年生になってしまいました。

 

一体四年間何をしてきたんだろう、と自分に問いかけてます。

何もしてないです。恥ずかしいです。

 

 

 

それはさておき、

大学初日にルンルンで授業を受けに行ってきました。

 

前から二列目に座って、教授が来るのを待っていたら

 

「この授業って英語じゃないよね?」

「え、そうなん?ちゃうやろ、普通に日本語やろ」

「でも、日本語やったら理解できるんかな?」

 

という会話が真後ろから聞こえてきました。

 

 

いや。まさか。

 

 

まさか私の真後ろで、

私が日本語を理解できるかどうかの、

ディベートを始めるわけがない、

 

と思いつつ、会話を聴き続けたら、

 

どうやら片方は、中国からの留学生のようで。

もう片方は、「普通の」日本人の学生でした。

 

「私は中国から来て〜」みたいな会話を少しした後に

 

やっぱり前に座っているあの金髪野郎は、

日本語の授業を取って

ちゃんと理解できるのかどうか不安で仕方がない様子でした。

 

後ろに振り向いて

 

「日本語話せますよ。」

 

って言いたかったです。すごく。

(めんどくさいのでやめました)

 

そこで私が不愉快に思ったことを言わせてください、

 

まず。

私がもし日本語を話せなくても、

その人の真後ろでそのような会話をすることはすごく(すごくすごく)

失礼なことだと思います。

 

 

次に、

私が留学生であると仮定しても、

多分授業を取る前に、

私は授業のシラバスを読んだ可能性が100パーセントに近い

少なくとも、日本語の授業であるということは認識している、

はず。

 

私は日本語が少しでも話せる、

理解できる、ということは3秒でわかる、

はず。

 

そして最後に、

 

中国からの留学生が日本語を話すことに対して全く抵抗がないのなら、

どうして白人である私が日本語を話せないと思ってしまうのだろう

 

 

私の真後ろで私の日本語の能力についてディベートするのはなんでかなあと、

頭を抱えてしまいました。

 

 

しょうがないでしょ〜、白人で日本語話せる人って少数やし、

日本生まれ日本育ちの白人なんてそんなにいないんだから〜

みたいなことを思う人も沢山いると思いますし、

実際に言われます。

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

日本で生まれて、

日本で育って、

日本語を第一言語として使用して、

しかも自分は「日本人である」というアイデンティティが強い

なんならそこらへんの日本人より「日本らしい」私ですよ

そんな所に、

 

毎日、日本語ができない外国人扱いをされる。

 

どこに行っても。

 

日本語を話して、ビビられて逃げられる

日本語を話し続けても、英語で返事して来る

日本人だ、と言っても、「外国人」扱いをされる

 

自分の「ホーム」だと思っている場所で、

よそ者扱いをされる。

 

慣れてしまったようで、

やっぱりヒリヒリと傷口が痛む経験です。

 

 

少数にせよ、

私の他にこういう経験をした人はいます。

 

もちろん日本で生きていく中で

沢山の優しさに出会いました。

沢山、理解してくれる人、受け入れてくれる人もいます。

 

 

ただ、今回伝えたいのは

 

don't judge a book by its cover

人は見かけによらぬもの、

 

見た目だけではわからないこと、山ほどあります。

 

何においても外見だけで判断してしまうのではなく、

 

もっと新しい可能性にオープンでいる方が、

 

視野も広がるし、よっぽど楽しくなるのかな〜と

新学期早々考えました。

 

Sunshine x