美味しい飲み物、便利便利

日本ならどこにでもある自動販売機。
 
喉乾いたお茶買ってくるな〜。
 
便利便利。
 
大学の中、駅構内、道端、ショッピングモール
っていうかそこらへん、
どこでも、
ある。
 
うん、便利でいい。
 
だけど日本の自動販売機って異常なほど数が多くて
しかも他の国みると逆に自動販売機がない!
(ということは日本にも、なくていいはず)
 
それもそのはず。
 
日本は世界一の自動販売機大国(かっこいい〜!)
台数は508万台、
25人に一台っていう割合で
 
その売り上げも年間で5兆3千億円(おめでとう!これも一位!)
 
 
日本がこれだけ自動販売機を設置できるのはまず
治安がいいところ!
(壊さずにちゃんとお金を払って購入する謙虚な姿勢)
 
しかし便利便利で終わってたらそのまま地球も一緒に終わってしまいます。
 
 
自動販売機が使ってる電力はどれくらいか知ってますか?
 
一年で66億キロワット時!!!
 
って言われてもわからない!!!!!!
 
原発の平均的な一年の発電量は71億キロワット時(らしい 笑)
 
原発が一年頑張って働いた成果は全て自動販売機の活動へ。
無駄やな〜と、つくづく思ってしまいます。
 
 
こんなことを書かなくても多分多くの人はもうすでに無駄さを気づいているでしょうし、
設置してる企業だってその無駄さを認識しています。
 
これだけ電力を無駄遣いしてまで自動販売機を設置する理由は、
商品のプロモーション、いわゆる広告塔の役割を担っています。
S
 
コカコーラの赤い自動販売機、
ペプシの青い自動販売機、
ダイドーとかの自販機
 
そこに立ってるだけで
ブランドのプロモーションができるなんて最高!って感じで企業は自動販売機を設置しています。
 
目立つ設置場所は企業同士の 取り合いになるそうです。
 
だって、「広告塔としての自動販売機」は多くの収入をもたらします。
 
また、自動販売機は年間で2兆円以上の利益が出るので
自動販売機なしじゃもうダメだ、スタンスです。企業は。
 
どれだけ電力を消費しようと、
 
利益さえ得ることができれば企業もハッピーというような構図になっています。
 
 
上にも書きましたが、
他の国では自動販売機は日本みたいに過剰に設置されていません。
ということはなくても私たちは生きていけます。
 
便利だからどんどん地球を搾取していくのか、
せめて5分歩いて近くのスーパーで飲み物を買うのか、
シンプルな選択です。
 
でも多くの人は「めんどっちい」って言って地球搾取コースに走ってしまいます。
私もギルティです。でも努力してます。マイボトル常備心がけてます。
 
最後に一つ、
資本主義に囚われすぎて利益を得ることばかりに必死な
企業に対する批判的な姿勢をすこしばかりは持つべきなのではないかと、
考えました。
 
 
 
 
Rina Sunshine xx