読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人と子供の境界線

21歳になっても、親に子供扱いされます。
何時に帰ってくるのとか
誰と遊びに行くのとか
 
親にとって子供は何歳になっても子供なのは十分承知で、
常に心配してくれることも幸せなことだと実感しています。
 
まあ、でも、一体何歳になったら大人やねん。っていう素朴な疑問が浮かんできました。
 
日本でいうと20歳で成人
アメリカだと21歳
ヨーロッパとかだと18歳(飲酒は16からオッケーだったり違ったり)
 
でも感覚的に19歳と20歳の差はよくわからず
結局子供と大人の境界線がどこにあるのかわからず
 
考えました。
 
そして、だいぶ昔のヨーロッパに遡ってみました。

 

もともと、中世ヨーロッパには、教育という概念も、子供という概念はありませんでした。

 

フランスの歴史学フィリップ・アリエスは、子供はどういう風に誕生したのか『子供の誕生』で詳しく述べているので参照したい人は是非。笑

 

とりあえず、彼は近現代までは、子供は「小さな大人」として扱われてきたということを言っています。

 

子供は大切にするべきである、

子供には必ず愛情表現すべきだ、

という考え方は割と最近始まったばかりで、「子供」の発見は近代化に結びついている。

 

 

へえ〜って感じ?

じゃあ日本は?

 

 

 

江戸時代の日本をみてみると、

「まだ大人になっていない人々」が勉強するための寺小屋が存在していました。

 

そのため、「子供」の概念がヨーロッパより先に出来上がっていたことがわかります。

このように、日本では昔から「子供」という概念が存在していました。

 

へえ〜って感じ?

でも結局いつ大人になるのかは答えれていないじゃないですか。って。

 

結局「大人」へと変化を遂げる瞬間はいつなのか。

 

 

江戸時代の日本では、男性は武家社会において元服という儀式がありました。

この儀式は平均的に15歳のときに行われ、成人男性になるためのもので、

女性は生理的な熟成(13歳ごろ)を目安に成人とされていました。

 

医療も発達していなかったため、平均的な寿命も低く、

親が子供のめんどうを見るのには到底過酷な状況にありました。

 

なので「子供時代」は非常に短く、

すぐに「子供」はすぐに「大人」へと。

 

もちろんそんな考え方はとっくにゴミ箱の中

 

現代の日本ではほとんどの若者は20歳を過ぎても、親に依存しています。(私ももちろん)

 

 

産業化が進み、

先進国となった日本では平均的な学歴が上がり、

ほとんどの若者(子供たち 笑)が大学へ進学する機会を手にいれました。

 

 

最近では、結婚の平均年齢が上がり、いつまでも親から自立できない

 

パラサイト・シングル

 

ニート

 

の出現により、20歳を超えても、精神的そして金銭的

依存する若者が増えたことが一目瞭然。ですね。

 

 

 

結論として

 

現代日本では、就職して、金銭的な自由を手に入れて、親からの自立や独立が可能になったら、

大人になるんですね。多分。

 

余談ですが、最近では、

 

モンスター・ペアレント

 

「親バカ」など、

子供から自立できない親が多く出現しています(私の親はもしかしたらこれかもしれないとか思いつつ)。

 

これらも日本における子供の年齢引き上げに作用してると考えます。

 

 

結局具体的な「大人」になる年齢は存在しません

(なんだよwwwww)

 

そのため、家庭における金銭的状況や、親と子の関係の作用により、

違った、「大人」になるタイミングがあるということですね。

 

 

 

当たり前かもしれないけど、

以外と考えない

大人と子供の境界線

 

 

早く大人になりたい人は参考にどうぞww

 

 

Rina Sunshine xx

 

牛乳と、真実と、

「牛乳が体に悪い」
と言われた時、私は信じませんでした。
 
小学校で六年間散々毎日給食で飲ませられて、
体にいいから飲みなさいって言われてたのに、
まさか体に悪いなんてそんなわけがない。
 
だって、
牛乳を飲んでたくさんカルシウムを摂取することで
骨を丈夫にして、身長が伸びて、いいこといっぱい!
ってずっと言われてきたわけです。
 
小学生の私たちはそれを鵜呑みにしてきて
大人になった今でもそれをまさか体に悪いと疑うことなんて、ほとんどないでしょう。
 
牛乳だけじゃなくて、
乳製品もコマーシャルでよく見ますね。
 
ヨーグルトは体にいい!大腸菌がどうたらこうたら〜
とりあえず食べとけば間違いない!
みたいな。
 
テレビのコマーシャルで、しかも大手企業が言うなら、
間違いない!
って言ってなにも疑わずに食べてる人はほとんどです。
私もそうでした。
 
実際にグーグル先生に牛乳が体にいいのかどうか聞いてみたら、
グーグル先生も困惑してました。
 
L
 
ほら。
体に良い、牛乳のメリットを教えて欲しかったのですが
良いのか、悪いのか、はっきりできなくて困ってたようです。
 
 
ドクターマクドゥーガルは大体このようなことを言っていました。
 
 
(TEDTalk にも登場したドクター ジョン・マクドゥーガル John McDougallという人ですが、ヘルシーライフについて栄養学的観点から研究しています
 
時間があれば見てください、日常がひっくりがえるような情報たくさん教えてくれます。)
 
 
 
まず、牛乳は小さな子牛を、あの巨大な牛サイズにするための母乳です。と。
そのためにたくさんのカルシウムが含まれているけれど、それは子牛の成長のためである。
 
その母乳を違った種類の動物(人間)が飲むことは、それだけでおかしいとわかっていただけると思います。
 
1、人間の母乳を違う動物にあげることはないじゃないですか。
2、牛のための牛の母乳に含まれている栄養素は人間には合わない
(人間がそれだけ濃密なカルシウム量を摂取してしまうと逆に骨に悪い)
3、そもそも牛乳(母乳、体から出るほとんどのもの)は、血で出来ている。
(「牛の血」ってパッケージに書いてたら誰も買わないと思うんですけど、どうですか?笑)
 
まあ、大体こんなことをドクター・マクドゥーガルは言ってました。
 
結論として何が言いたいかと言うと、
 
牛乳が体に悪い。と言うこと。ではなく、
 
小さい時から言われていた「正しい」ことは、
必ずしも「正しい」とは限らないこと。
 
情報がどう言う根拠を持っているのか、
コモンセンスだから、
みんながそうしているから、
 
が絶対的に正しい時ももちろんあるけれど、
間違っていることもあると言うこと。
 
 
という言葉を度々耳にします。
インターネットにおいてどんなサイトを見ているのか
本当に正しい情報源なのか
ウィキペディアは信頼して良いのかとか
インターネット上の情報はしっかりハンドピックして確実に信頼できるものを選ばなけらばならない。
 
もしかしたら私がここで書いてることだって本当ではないかもしれないし
(リナサンシャインって誰だよ、みたいな)
 
それは、インターネットだけにおけることではないと思います。
 
 
とりあえず、
牛乳を例にして伝えたかったことは
もっともっと「疑う」ことを積極的にしてほしいということです。
 
 
 
牛乳、乳製品がどうして体によくないか、もっと知りたい人は、
英語になりますがドクターマクドゥーガルのプレゼンを見てみてください。
 
 
またこのブログでももっと詳しく綴りたいと思います。
 
 
Rina Sunshine xx
 
 
 

 

日常に疑問を

就職活動を目前に、
色々な疑問を抱くようになりました。
 
大学では、社会学と哲学に触れる機会が多いので、
日常に違和感を持つことを自然に学んだのかもしれません。
 
例えばですが、
 
どうして日本では、同じスーツを着て、7:3で分けたポニーテールをして(男性はわかりませんごめんなさい)、
就職活動をしないといけないのか?
だって、個性が求められている時代なのに。矛盾していませんか。
 
 
これもごくランダムな疑問ですが、
 
どうして女性は体中の毛を剃らないといけない?男性はなんで剃らない?
わざわざ生えているものを否定しているビューティー・スタンダードが本当に正しいのか考え直さないといけないかもしれません。
 
一度読んだ本の中では、こう書いてありました
"we are at war with what comes most naturally to us" -rupi kaur  from  milk and honey
「私たちは一番私たちにとって自然なものと戦っている」
 
考えさせられますよね
 
 
次の疑問は少し物議を醸し出すものですが、
 
どうして私たちは肉を食べるのか。
(少なくとも日本では)犬は食べないのにどうして牛を食べる?
犬と牛の違いは?
 
ランダムな3つの疑問です。
思いつきです。
(個人的には消費社会の浸透がこれらの矛盾や規範の成り立ちの要因と考えていますが、ディテールはまた今度)
 
何もかも「当たり前」として捉えてしまうことは、意外と楽な選択かもしれない。
けれど、「普通」という概念を突き破ることで、
 
 
こじれたビューティースタンダードであったり、社会への強制的な同化だったり
少し批判的にみてみることで、
社会に潜んでる病原菌をやっつけることができるのではないかと。
 
 
 
このポストを機にみなさんも周りに疑問を抱いてみてください。
 
RinaSunshine xx